小学・中学・高校別授業方針

EDUCATIONAL POLICY

小学部の授業方針

小学生は、考え方の基本的な姿勢を身に付ける時期にあります。対象となる物事をどのように捉え、どのように認識するか。その結果身についた知識の多寡よりも、身に付くまでの過程や姿勢、習慣がその後の学力の伸びを決定します。

小学部の授業では、知識や正解をそのまま暗記するのではなく、なぜそのように考えるのかを説明し、論理に基づいた思考を行う習慣を身につけることを目指します。

中学部の授業方針

現在の高校入試では、一問一答型の知識を問う問題はあまり出題されていません。どの教科においても設問は長文化し、一見して何を質問しているのか分からない問題も多くなりました。ここで必要なのは、教科書に載っている知識をいかに蓄えるのかではなく、論理的に知識を活用して問題に対処できる力を身につけることです。中学部の授業では、表面的な浅い知識を身につけることに重点を置くのではなく、問題の本質も見抜く目を育てることを大切にします。

高校部の授業方針

暗記に頼る指導ではなく、根拠を明らかにしながら論理的に解説することを重視しています。根拠や論理に基づいて思考すれば、たどり着いた答えまでの道のりは明確です。「ひらめき」を頼りに「カン」で解くのでは、本当の意味で理解しているとは言えません。それは、「なぜそうなるのか」という根拠が不明で、「物事を考える筋道」である論理があやふやだからです。KLCセミナーでは、ある1つの問題について「解き方」そのものに重点を置くのではなく、「解き方」の中にある根拠と、根拠を基にして論理的な思考へと導くことを大切にしています。

小学・中学・高校別 授業方針